アロマと香りの不思議、嗅覚と本能の関わりをご説明しています。

アロマテラピーにおける香りとは

アロマと香り

アロマと聞くと必ず浮かぶのが「香り」です。多くの人は香りによるリラクゼーション、もしくはファッションの一部ととらえている人が多いと思います。

しかしそれは、アロマのほんの一側面でしかありません。実は「本当に好きな香り」に整ったオンリーワンの精油には、更に驚きの事実があります。

香りのプロセス

香りと嗅覚と本能

香りを感じ取る器官の「嗅覚」は他の感覚器官と違い、特異的な神経伝達を行っています。人が「何かを考えたり」「刺激を受け取ったり」「考えを行動に移したり」するとき必ず「理性(大脳新皮質)の処理を受けます。言い換えれば、殆んどの感覚器官は、今までの経験や記憶、行動パターンに縛られてしまいます。

しかし、嗅覚の感覚器官は例外で、脳の深部の「本能(大脳辺縁系)」に直接つながっています。そのため、経験や知識、記憶、行動パターンの制約を受けない感覚器官なのです。

「嗅覚は本能と密接に関係している」

香りの「好み」とは

香りの「好み」には「本能」が関係しています。つまり「ある香りが好きだ」ということは「本能的にその成分を求めている」ということになります。もっと掻い摘んで言うと「肉体が細胞レベルで欲している成分、足りない成分」ということです。

「好きな香り」 → 「自分に必要な成分」 → 「細胞レベルで欲している成分」

アロマテラピーの「ウソとホント」

アロマに多少なりとも携わると必ず目にするのが自然療法的な文面です。「寝つきが悪い時にはAの精油が期待できる」「リラックスしたい時にはBの精油が期待できる」なんて言葉を見たことはありませんか?本当はこれには語弊があります。

例えば、リラックスの代表格にラベンダー・アングスティフォリアとカモマイル・ローマンがあります。全員が同じ香りでリラックスできるとは限りません。中には、片方だけ好きだったり、これら2つが嫌いな人もいます。大事なのは「体が本能的に求めているかどうか」です。

確かに統計的には当たっているかもしれませんが、その人にとってその精油で芯からリラックスできるとは言い切れません。

自分にとって究極の精油

好きな香りの精油

もうお分かりかと思いますが、「本当に好きな香りに整った精油」=「本当に身体が欲している成分」=「自分の身体のバランスを整えてくれる精油」ということになります。

数多くの精油の中から、数種類を選び出し組み合わせ、なおかつ本当に自分にマッチした香りの精油は、足りない成分を網羅したブレンドになります。つまり、「自分にとって究極の精油」ということです。その香りを嗅いだだけで違いに気づくと思います。

アロマテラピーと自然療法

調香(アロマテラピー)

当店で行う調香(アロマテラピー)は100種類以上の精油をかぎ分け、その精油の自然療法的な作用 及び、揮発速度、成分比を網羅し、それを活用しています。「究極の精油」の本質は相手をくみ取る事にあります。REVANL(レヴァンル)でブレンドする精油は、ただ香りの感想を聞き取るだけです。それで、十分なんです。

「好きな香りは生理学的に非常に重要な意味を含んでいます」

香りの感想を聞くだけの不思議な作り方でできた精油で、究極の癒しを
ぜひ体感ください。

ログインボタン
メルマガ
プラナロム精油